作業員

ハクビシンの被害を抑えるための対策や駆除を業者に依頼しよう

  1. ホーム
  2. 駆除内容と防御法

駆除内容と防御法

ハチ

スズメバチの巣は家の周辺に作る傾向があります。特に、軒下や天井裏などに多く作られます。これはスズメバチにとって居心地が良い場所だからです。まだ明るいうちの時間帯はスズメバチがエサを探すために活動します。つまり、巣から離れて飛び回っていますので、スズメバチの巣を駆除しようとするときには朝と昼は避けた方が良いです。効果が薄いからです。巣を駆除するときには夜に行いましょう。具体的な方法としては駆除剤を巣に散布することです。可能であればスズメバチが巣から出てこないように、巣の出入り口にテープを貼ったり、袋を詰めましょう。また、巣に穴を開けてその隙間から殺虫剤を噴射するとより早い時間に駆除することができます。

近年は蜂による被害が多くなっている傾向があります。昔は山に入った人間がハチに襲われることが典型的な被害でしたが、最近は街中や住宅街において発生しています。これは家屋に巣を作るスズメバチが急増したからです。ミツバチは生涯に1度しか刺すことができませんが、スズメバチは何回でも刺すことができます。そのため、攻撃性が非常に強くて人が巣に少し近づいただけで攻撃してきます。防御する手段としては、次の2つの原則があります。それは、近寄らないことと香水をつけないことです。女王蜂や働き蜂がいても決して近づいてはいけません。また、意外に思われるかもしれませんが、香水や甘い臭いはスズメバチを誘引してしまいます。くれぐれも注意しましょう。また、個人で駆除を行なうのが無理な場合は、無理せずに専門業者へ依頼するのがおすすめです。専門業者では、独自の駆除法で確実にスズメバチの巣を駆除してくれるため、安全な暮らしを取り戻せます。専門業者へ依頼する際には、専用のホームページや口コミなどを参考に内容を確認しておくとよいでしょう。