作業員

ハクビシンの被害を抑えるための対策や駆除を業者に依頼しよう

  1. ホーム
  2. ハチ

ハチ

ハクビシン

ハチを知ろう

アシナガバチの巣はシャワーノズルと似ていて半円形をしており、色は薄い灰色です。大きさは15センチ未満のものが多いと言われています。アシナガバチはちょっとした空間があると、すぐに巣を作ります。このアシナガバチは特性として、昼間に行動して夜間は活動を停止する習性があります。そのため駆除する場合は、深夜・早朝、気温が低い時間帯に実施した方が良いでしょう。駆除する季節は、11月から3月と巣が空になっている時期に実施します。ここで駆除できない場合、4月から6月の完全に活動しない時期に実施します。逆に8月から10月は、ハチが活発に活動するため、駆除を実施してはいけません。アシナガバチの巣を駆除する際は、自ら及び近隣住民が安全確保を確実にされた状況で、巣を取り去る必要があります。

気をつける点

アシナガバチの巣を駆除する際は、長袖、長ズボン、ゴーグルを準備しましょう。服は厚手で、白い色を着用します。いきなり目標に近寄ってはいけません。まず、目標からしっかり距離を取り、ゆっくりと近寄ります。目標が近くなったら、ジェットタイプの殺虫剤を散布し、巣の内部及び周辺にいるハチを動けない状態にします。ここで巣を取り去り、袋に入れて口を縛ります。自力で駆除できない場合、業者に駆除を依頼します。料金は9000円前後です。自力で実施する場合、業者を依頼する場合も、危険はつきものです。まず、確実に近隣住民に報告し、了解を得てから実施しましょう。