男性

ハクビシンの被害を抑えるための対策や駆除を業者に依頼しよう

増えているハクビシン被害

蜂

糞尿による匂いと健康被害

最近は都会でもハクビシンの被害が多くなっています。ハクビシンはジャコウネコ科の哺乳類で、見た目はアライグマのように可愛らしいのですが、家の天井に住み着くと色々な被害が発生します。夜行性なので夜中に天井を歩き回るので騒音で眠れなくなりますし、糞尿によって家中に匂いが染み込みます。野生のハクビシンは雑菌を持っているので、糞尿から繁殖して人間にも感染する恐れがあります。同じ場所に糞尿をする性質があるので、天井が抜け落ちてしまう被害も発生するのです。住み着いてしまうと素人が駆除するのは難しいので、ハクビシン駆除の専門業者に依頼します。ハクビシン駆除は事前に調査することが大事で、それによって追い出したり捕獲したりの対策を実行します。ハクビシン駆除の業者に頼めば駆除だけでなく、侵入口を塞ぐなどの予防措置などの対策もしてくれます。

鳥獣保護動物は資格が必要

ハクビシン駆除が難しいのはハクビシンが鳥獣保護法の対象動物になっているからです。個人で許可なく捕まえることができないので、ハクビシン駆除の専門業者に依頼した方がいいわけです。業者を選ぶ時は、狩猟免除の資格を持っているかどうか確認する必要があります。無許可の業者に依頼しないことです。安心できる業者を選ぶ場合は、事前調査の内容を提示してくれるかどうかで判断します。その際に丁寧に説明してくれて、駆除の方法についても詳しく見積もりをしてくれる業者なら安心です。そのような駆除業者は最初に必ず免除の資格書を見せてくれます。二度とハクビシンの侵入を許さないためには駆除後のアフターケアが大事になるので、比較的地元や近くで活動している業者を選んだ方がよいです。

蜂

家族と生活を守る

ハチ駆除グッズは市販品も利用できますが、巣が大変危険であると認識しましょう。費用だけを比較材料にせず、安全が確保できる専門業者の依頼がベストです。業者は駆除対象のハチすべてに対応しています。対応可能な業者を選定するマッチングサービスが登場し、迅速対応が期待できます。

ハチ

駆除内容と防御法

スズメバチの巣は家の周辺に作る傾向があり、最近は事故が山ではなく住宅街で発生するようになっています。攻撃性が数多くある蜂の中でも群を抜いています。朝と昼は避けて夜に駆除をするようにしましょう。巣に穴を開けてそこから駆除剤を噴射すると効果的です。

ハクビシン

ハチ

アシナガバチの巣を駆除する場合、11月から3月に実施します。できなければ4月から6月です。白い長袖・長ズボンとゴーグルを確実に用意し、不用意に巣に近づいてはいけません。駆除前には、確実に近隣住民に了解を得てから、駆除を実施します。